ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

どうして無料なのですか?

次の3つの目的のため、無料で駅データを公開しています。

1.駅データの仕様共有化のため
現在、多くのWEBサイトで駅情報が利用されていますが、異なるサイトでは同じ駅でありながらそのデータ仕様が異なっています。弊社でも駅情報を利用したサービスを提供していますが、データ仕様が異なることは、他のシステムとの連携や移行に非常に大きな障害となります。そのため、弊社駅データの仕様及び全データを無償で公開し広く利用していただくことで、システムの連携をスムーズに行えることを目指しています。

2.駅データの利用活性化のため
無料で駅データを公開することで、国内の駅情報を利用したサービスの活性化を目指しています。

3.駅データの正確性向上のため
無料でデータを利用していただくことで、多くの方がデータをみる機会があり、万が一誤りがあっても早く発見できます。
『駅データ.jp』では、WEBサイト上からのデータ更新申請を受け付け、データの正確性向上に努めています。

有料データと無料データの違いは何ですか?

無料データは、有料データに対して、以下の情報が含まれていません。

路線マスタの「路線カラー(コード)」の一部
路線マスタの「路線カラー(名称)」の一部
路線マスタの「路線区分」の全部
駅マスタの「駅名称(カナ)」の全部
駅マスタの「駅名称(ローマ字)」の全部
駅マスタの新幹線駅のデータすべて

上記以外は、無料データと有料データに違いはありません

有料データはいくらですか?

4,320円(税込)です。
1回お支払いいただければ、6ヶ月間、何度でも最新版の有料データをダウンロードできます。

有料データは1回しかダウンロードできないのですか?

有料会員の期間中(6ヶ月間)は、何度でもダウンロード可能です。
有料会員の期間中に、データの更新がされた場合も、更新後のデータをダウンロード可能です。

有料会員(6ヶ月間)が終了後、過去の有料データをもう一度ダウンロードできますか?

有料会員期間が終了後は、過去の有料データもダウンロードできなくなります。

有料期間が過ぎる前に、ダウンロードデータの保存をお願いいたします。

再度有料会員登録して頂けましたら、6か月延長となります。

有料会員期間中にダウンロードした有料データを、期間終了後も利用していいですか?

有料会員期間中にダウンロードした有料データを、期間終了後も利用して頂いてかまいません。

駅データ.jpでは、随時データを更新しています。
有料会員登録すると、無料データだけではなく、有料データも常に最新版をダウンロードできるようになります。
ダウンロード済みのデータは、有料会員終了後もご自由にご利用下さい。

APIに新幹線データがありません

新幹線駅はAPIでは提供しておりません。

APIはSSLに対応していますか?

対応しております。

路線カラーとは何ですか?

駅データ.jpサイトが独自に鉄道路線ごとに割り当てた色です。
東京メトロや首都圏の一部JR等の公式な路線カラーや、名古屋鉄道や西武鉄道などの路線案内色等を参考にしておりますが、原則として、駅データ.jpが独自に割り当てた色で、ここで割り当てている色が、実際の路線の公式の色ではございません。
用途としては、複数路線を一度に地図内に表示する際に、同一色よりも、色を分けて表示することによって見やすくしたり、Webサイトの駅検索時に路線毎に色を変えることによってユーザビリティーを上げるなどにご利用ください。
なお、駅データ.jpの更新で路線カラーの色を変更することもございます。

「路線名称(正式名称)」とは別の「路線名称(一般)」の命名基準は何ですか?

命名基準はありません。気分です。

駅データ.jpに登録されているデータは、ご利用者様から頂く情報を元に提供しております。
一般名称は、利用者様から頂いた意見や、Webサイト、駅案内板、駅アナウンス等の情報を参考にして、駅利用者、路線利用者が識別可能で呼称頻度が比較的高く、文字数が多くなりすぎない名称を採用しております。
明確なルールはございませんので、駅データ.jpに掲載されている一般名称よりも、適切と思われる名称がございましたら、是非ご意見頂けるとうれしいです。

データを加工してかまいませんか

有料データ、無料データどちらもデータを加工して利用していただいてもかまいません。
但し、利用規約で禁止している事項はご利用いただくことができません。

データを商用で利用してよろしいですか

有料データ、無料データどちらもデータを商用で利用していただいてもかまいません。
但し、利用規約で禁止している事項はご利用いただくことができません。

データを第三者に提供してよろしいですか

有料データ、無料データどちらもデータを第三者に提供してもかまいません。データを非加工で第三者に提供する場合は、無償でなくてはいけません。

データに誤りがあります

お問い合わせ』から誤りのデータをご連絡お願いいたします。弊社にて確認の後、修正したデータを公開いたします。

データはいつ更新されますか

更新日は決まっておりません。データに修正が発生した場合にデータを更新しています。

路線コードや駅コードの番号が実際の沿線や駅の並びと異なっています

すでに付与されている路線コードや駅コードは原則変更しません。
そのため新路線や新駅が追加された場合、番号は後ろに付与されます。
例:
99624 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線
99652 大阪市営地下鉄今里筋線
99625 大阪市営地下鉄南港ポートタウン線

駅データ.jpでは、路線や駅をきれいに並べるために、「路線並び順」「駅並び順」の値を別途付与しています。
路線や駅をきれいに並べるには、「並び順」と「コード」の両方で並び替えてください。
例:
ORDER BY e_sort,line_cd

※「並び順」は重複する場合がありますので、「並び順」だけではなく「コード」も含めてください。

ダウンロードしたCSVデータが文字化けします

CSVデータの文字コードはutf-8となっております。
utf-8に対応していないアプリケーションで表示すると、文字化けしますのでご注意ください。

ダウンロードしたCSVデータに廃止駅が含まれています

CSVデータには駅データ.jpが運用開始された後に廃止された駅データを含んでいます。
廃止駅と通常駅の違いは、データの「状態」で区別しています。

状態 0:運用中 1:運用前 2:廃止

詳しくは仕様書をご確認ください。

駅や沿線を利用できる検索システムがほしい

弊社にて、検索システムを構築可能ですので、是非ご相談ください。
お問い合わせ

日本測地系(TOKYO97)・世界測地系(WGS84)とはなんですか

日本測地系とは、日本が独自に作成した地球上の位置を座標で表すときに前提とする条件です。
世界測地系とは、ITRF(国際地球基準座標系)に準拠した地球上の位置を座標で表すときに前提とする条件です。
駅データ.jpでは世界測地系(WGS84)を採用しております。
日本測地系は日本周辺にしか通用しないことが前提であるため、世界測地系に比べ、東京都内の座標で400m程度のずれがあります。
日本測地系は明治以来使用されてきましたが、2002年4月1日に測量法の改定によりITRF(国際地球基準座標系)に準拠した世界測地系を用いることになりました。
しかし、現在でも多くの地図やWEBシステムで日本測地系が利用されています。
なお、Google Mapsは世界測地系(WGS84)、Yahoo!地図情報は日本測地系(TOKYO97)を採用しています。(2007年7月18日現在)

追記:Yahoo!地図情報は2008年3月に世界測地系に対応し、世界測地系(WGS84)と日本測地系(TOKYO97)両方を利用できます。(2008年6月27日現在)

▲ページトップへ